女子必見♥映画館で泣ける映画を観る時のメイク術✨

スポンサードリンク




この映画泣けるぞ!

そう分かっている時なら女の子なら特に!万全の体制で映画に挑みたいですよね

出来ることならスッピンでいけば泣いてもお化粧が崩れることもなく、マスクでスッピンを隠してしまえば映画を見て→思いっきり泣いて→帰るだけ。

でもデートや、映画のあとにご飯などの予定があるときはそうは言ってられません😭何か対策が必要です!

そこで私のメイク術をご紹介します❤

■泣ける映画で困ること

  1. ファンデがはげる
  2. アイメイクが溶けて頬に黒いすじが😱

 

ファンデが剥げる

映画を見るときはマット肌よりも、しっとり肌派な私。(マットだと涙のスジが分かりやすいから)

いつも“泣くであろう日は”韓国コスメブランドIt’s Skin(イッツスキン)』プレステージ BBクリームを使用しています。

カタツムリなんて古いでしょ!?いいえ!そんなことありません!

カバー力★★☆☆☆

うるおい★★★★☆

手軽さ ★★★★☆

わりと薄づきでカバー力はさほど高くはありませんが、コンシーラーなどで気になるところをカバーすれば問題なし!肌も均一に綺麗に魅せてくれます。

カタツムリpowerで塗ったあとはしっとり😌延びもいいので小豆大で十分顔全体に塗ることができますよ✨お顔に五点置きしてあとは4本の指でポンポン塗り広げるだけでOK!韓国に行った際店員さんに一番きれいに使える方法は?と聞いたら「BBクリームは基本手でなじませるのでOK。伸ばすのではなくポンポン優しく叩きながら塗るのがいいですよ。」とのこと。しっかり実践してますよ~~♪

※テカりが気にあるTゾーンやおでこにだけ粉を使用しても◎

ビューティーブレンダーなどで使用したこともありますが、この商品自体が保湿力があるので水を含ませたブレンダーでなくてもわりとツヤ感をだしてくれますよ

手軽さで言えばクッションファンデの方が手も汚れませんが、どうしてもクッションファンデだと時間経過と共にヨレが気になる💔

いろいろ試してこれにたどり着きました!

5年ほど私のベースメイクはほとんどこのBBです。時間経過のくすみなどもカバーするCCクリームなども浮気してみるものの最後はここに戻ってきます😳笑

ベースメイクはBBとコンシーラーで終了!(映画の時私はお粉はつけません!もしも涙で崩れてもお粉なしならもう一度同じBBをなじませればきれいになおります!)

アイメイクが溶けて頬に黒いすじが😱

泣ける映画の時はアイラインはひきません!マスカラはウォータープルーフを上まつげにだけ!

下まつげにはNOマスカラ!最近私がアイメイクの時にヘビロテしているシャドウパレットが

『VAVI MELLO(バビメロ)』のバレンタインボックス

発色   ★★★☆☆

色持ち  ★★★☆☆

使いやすさ★★★★★

中のカラーはマットからグリッターまでありますが、どれも使いやすい色味ばかり

普段のメイクでもお出かけのときもコレ1つでOK♥♥

アイメイクのベースはどれを使ってもいいですが、どれもわりと綺麗に発色してくれるので一色塗りでリップに濃い色をもってきてワンポイントにしても良し!チークの色やその日の気分でベースの色は決めていますが、上まぶたにわりと広めにぬって下まぶたにも同じ色で囲んでもかわいいですよ♪

一色ではちょっと物足りない・・・目力が・・・

そんな方は右の画像の矢印の一番濃いブラウンを細いチップでとってアイライン代わりにほそく引いてもOK!

これならもし泣いてもパンダ目にはなりませんよ

グリッターのラメは少し飛びますが、気にならない程度でほぼ毎日このパレットでメイクをしています

■持ち物(必需品)

  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • BBクリーム
  • マスカラ
  • アイシャドウパレット
  • アイライナー
  • リップ

映画を見終わってしまえばアイライナーもマスカラも塗り放題!!!

これだけあればもう安心!!あとは映画を楽しむだけです★

 

スポンサードリンク