韓国映画『ワン・デイ悲しみが消えるまで』紹介&評価

スポンサードリンク




賛否両論ムービー

癒し          ★★★★☆

切なさ         ★★★★☆

おすすめ度       ★★☆☆☆

 

あらすじ

最愛の妻を失い、無気力な日々を過ごす保険外交員のカンス。彼はある日、不慮の事故で昏睡状態に陥った女性ミソの病室を訪れることに。そこでカンスはある女性から声をかけられる。そこにいたのは、なんと昏睡状態のはずのミソだった…。

引用:映画の時間より

キャスト

キム・ナムギル、 チョン・ウヒ、イム・ファヨン、ユン・ジェムンほか

キム・ナムギル✖イム・ファヨンの演技力

韓国ドラマ『善徳女王』のピダム役が最高にセクシーでかっこよかったキム・ナムギル。

『サメ~愛の黙示録~』でも復讐に燃える男性を切なく熱演。

むんむん香る色気が魅力のキム・ナムギル。

参照:K-PLAZA.com

今回は最愛の妻を亡くし、日々無気力なままただただ“生きている”男性、イ・ガンスを演じている。

保険外交員である彼が仕事でおとずれた病院で声をかけてきたのは、昏睡状態なはずの女性タン・ミソだった。

 

なかなかの脱力系男子なガンスとは違い、明るく常に笑顔で子供のような無邪気さをもつミソ。

そんなミソを演じるのは『愛を歌う花』でハン・ヒョジュとダブル主演をつとめたチョン・ウヒ。

参照:韓スタ!

チョン・ウヒさんは『愛を歌う花』でしかみたことないや。と思っていたら、映画『ビューティーインサイド』でもほんの少しでてきた人だ!!!と気づき、ちょっとしたアハ体験♡w

 

ラブストーリー?ヒューマンドラマ?

昏睡状態の女性が、目の前で話しかけてくる。最初は恐怖に逃げ惑うガンス。w

ここはわりとコメディ要素もあり、“癒しの映画”ともあってなかなかの明るい映画なのかと思いきや

後半はそれぞれの“傷”について描かれていきます。

参照:シネマトゥデイ

キム・ナムギルとチョン・ウヒ。二人の自然な演技に後半はこの物語に引き込まれていきます。

 

妻を亡くしたガンス(キム・ナムギル)も彼女と出会い、接していくうちに彼の傷は癒されていきます。

ただただ明るくふるまうミソ(チョン・ウヒ)だったが彼女もまた、大きな傷を抱えていた。

 

 

傷つきながらも明るくふるまう彼女の強さにパワーをもらえる映画です。

 

ジャンルでいえば、男女の愛や友情・人間愛などさまざまな愛が描かれているため「ラブストーリー」とは言い切れないものですね。ヒューマンドラマでもいいんじゃないかな?

 

ただ!要注意!

この映画。素晴らしいんです。

 

傷と向き合い、向き合うことで癒されていく二人。

平然と生活しているように見えている人でも傷のない人はいないという事を教えてくれます。

 

やさしさ、あたたかさ、切なさ。

いろんな感情がこみあげてくる映画

 

何とも感情が揺さぶられます。

 

ただ!この映画、かなり好き嫌いは別れると思う。

私はおすすめか?と聞かれると胸を張ってYES!とは言えない映画でした。笑

 

前半はわりと凹凸のないものしたが、俳優の演技力とキム・ナムギルのフェロモンで見進めればなかなか奥の深い映画だと思います。笑

 

★動画配信サービス U-NEXT で見ることができますよ♪

見終わった感想※ネタバレあり

さて!見終わった感想いきまーす!

クリックでよめます💛☟

ネタバレ注意

 

最後までお付き合いありがとうございました♪

よかったら応援のポチっとお願いします!励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村

スポンサードリンク